ガリバー沖縄の店舗はどこにあるのか

車売り買いで有名な会社、ガリバーは沖縄県に4店舗あります。

詳しい場所などは下記に記して起きましたので、近くの店舗に行ってみてくださいね!

 

 

ガリバー沖縄:コザ十字路店

  • Address    〒904-2165  沖縄県沖縄市宮里1-1-1
  • TEL:    0120-82-1251
  • 【店舗近くの目印】近くにコザ十字路交差点があります。

ガリバー沖縄:58号宜野湾店

  • Address    〒901-2225  沖縄県宜野湾市大謝名63
  • TEL:    0120-999-046
  • 【店舗近くの目印】近くに大謝名交差点があり、国道58号線にあります。

ガリバー沖縄:329南風原店

  • Address    〒901-1104  沖縄県島尻郡南風原町宮平260-4
  • TEL:    0120-67-7030
  • 【店舗近くの目印】近くにイオンがあり、国道329号線にあります。

ガリバー沖縄:58号那覇新都心店

  • Address    〒900-0003  沖縄県那覇市安謝2-6-8
  • TEL:    0120-52-2707
  • 【店舗近くの目印】近くに安謝橋があり、58号線にあります。

 

車を売りたいが、過去に事故にあっても無傷な場合は事故車?

事故にあったからといって、必ずしも事故車扱いとなることはなく、修復したかどうかによって決まります。

 

事故車といっても、交通事故に関係した車両すべてを言ってるわけではありません。
事故による衝撃などで、修復が必要になった内、部品を修正したり交換した車両のことを、事故車と言うのです。
無傷というのが、どちらかに見てもらった結果なのでしたら、事故歴無しの車両ということで良いと思いますよ。

また、事故車扱いなどと言ったりもしますが、中古車では、事故車かどうかで何かを区分けすることはガリバーでは本来はないです。
修復歴があるかないか、ということで、
修復の原因が事故なのかどうかは、全く関係がないのです。
さらにいえば、部品交換など、ちょっとしたものは修理歴、
大きなものになると修復歴といいます。

事故車扱いというのは、フレームに何らかの修正を加えている場合にそういう扱いになるらしいですよ。
フレーム修正機というのがあって、どんなに完璧に見えるように修復していても、これに乗せたらすぐにわかるそうです。

 

車の買取についてのクエスチョン&アンサー

買取専門店とディーラー下取りの値段の差

【質問】

同じ条件の車でも、買取専門店よりディーラーは高いですよね。
でも、買取は買取専門店の方が高いのはどうしてですか?

【回答1】
買い取ってもすぐに売れるとは限りませんからね。
その分も考えての値段じゃないでしょうか?
買取専門店はオークションという手もありますから。

【回答2】
同じ条件とは、走行距離などのことでしょうね。
乗り方まで同じとはならないでしょう。
だから全く同じ条件にはならないかと思います。

ディーラーには何かと保障が付いてきます。
その分が値段に反映しているのでしょう。
他から乗り換えて新社購入するなどと言うと、わりと下取りの値段も高くなるものです。

 

1年たっても車買取りの入金がないのは・・

【質問】

1年ほど前に車を買い取ってもらったのですが、入金がまだという状態です。
ディーラーには、
買い手が付いていない
という説明をされました。
普通は1ヵ月くらいで入金されるようなのですが、こういうシステムは他にもありますでしょうか?

それから、任意保険の見直しが必要だと知人から聞きましたが、何をどう見なおせば良いかわかりません。
どなたか、 任意保険の選び方で良いアドバイスをお願いします。

【回答1】

それは、委託販売なのかもしれませんね。
これだと、通常の買取よりも高い値段がつきます。
買取だと、売れるか否かはわかりませんが、委託販売であれば売れるまでディーラーにリスクがないからです。
つまり、何年かかるかはわからないということになりますね。

任意保険の選び方ですが、今はネットで、任意保険の一括見積もりというのがあって、
それを使って自動車保険の比較ができますよ。
僕が説明するよりも、良いサイトがあったので、見てみてください。

 

 

【回答2】
そういうお店があるんですか・・
知りませんでしたよ。
契約書なんかはありますか?
内容を確認してみてそんな記載がないのだったら、消費者相談センターとかに行ってみた方がいいのではないでしょうか?

 

フェラーリでよくきくボクサーの意味

フェラーリの中には、ボクサーと名が付くものがあります。

水平対向エンジンを意味する言葉ではありますが、実は180度V型エンジンであり、別の構造を持つものになっているのです。

フェラーリは本当にボクサーか

よくフェラーリの話をするうえで、水平対向エンジンが話題に上がります。
社名のあとにつくBBが意味するのは、ベルリネッタボクサーという意味であり、2ドアクーペで水平対向エンジンということを意味するからです。
この名前を持つ車は、365GT4BBや512BBに付けられています。
どの車も名車と呼ばれるのにふさわしく、512BBにおいてはスーパーカー時代のフェラーリのフラグシップカーでもありました。
それほどまで重要な意味を持つ車に付けられたボクサーなのですから、水平対向エンジンを持つと考えられるでしょう。
しかし、フェラーリにはこのエンジンはないのです。

水平対向エンジンは、左右に分かれたシリンダーが同時に同じ行動を起こす特徴があります。
ところが、フェラーリの場合には、180度V型であり、左右のシリンダーは同じ行動を起こさず相対した動きを示します。
クランクピンが共通のために起こるわけですが、その結果エンジン自体を短くすることにも寄与するため、フェラーリは水平対向を採用していないといわれているのです。
ですから、ボクサーの名前はついていますが、実は別ものでもあるのです。

だからと言って、性能が低いわけではありません。
逆にV12エンジンの全長を短くすることができる分だけ、有利になるといえるのです。

もしも、本当に水平対向エンジンを味わいたいとするのであれば、スバルが制作しています。
中古市場でも、マニアが多く、取引量も多いために手に入りやすいといえるでしょう。

 

もしいらないなら、ガリバーに売りに行くと高値で買取ってくれるみたいです

 

RVはブームだけで語れない!

車のカテゴリーの中でも、多くの種類を包括するのがRVです。
悪路走行だけではなく、ミニバンとしてもSUVとしても使える車であり、
能力はとても高いため、ブームだけで乗ったりするような車ではないのです。

RVの真の能力は乗ればわかる

4WDで悪路を走り、雪道も負けずどんどん登る。
そんな車がRVであり、楽しみでもあります。
ブームになり、どこでも多くのRV車が走り、街中でも大きなボディで闊歩していた時代がありました。
その姿は圧巻でかっこのいいものでしたが、燃費は悪く、駐車場は入らない、税金も高く維持費は高騰というとても大きな負担を強いる車だったのです。

そんなRVは、悪いことばかりではありません。
その走破性の高さは、乗ってみなければわからないほどなのです。
真の能力は、ブームだけで済ますようなものではなく、もっと高い次元にあります。
今でいえばSUVとして、どんなところで行うスポーツにも、道具を持って駆け付けることもできますし、ミニバンのように使い人も載せることもできます。
重いものだって何のその、トラック顔負けの力で走り抜けることができるのです。

RVはこういった車の総称的なものであり、ミニバンも含まれますしSUVも入ります。
ステーションワゴンですら含まれているのです。
これが細分化されて、現在は別々の言葉として使われるようになっただけなのです。

そんなRVの歴史を引っ張ってきたのは、ランドクルーザーとパジェロでしょう。
ランドクルーザーは、走行能力だけではなく、内装も素晴らしく、中東では砂漠のセルシオと称されました。
パジェロはジープに代わり陸上自衛隊で使われるほどの能力で、走破性だけではなく耐久性能も素晴らしく、ダカール・ラリーでも活躍する車なのです。

一過性のブームで扱うには性能も高く、あまりにももったいない車たちです。
中古市場でも台数こそ少なくなりましたが、高額で取引される可能性があります。
専門店もあることですので、売る時には一括査定を使い、高く買ってくれるところを見つけるのが得策になるでしょう。

 

で、買取価格を調べてみましょう。

ミニバンの中でも断トツで使いやすいセレナがいい

日産のミニバンとしてだけではなく、ミドルクラスの市場をけん引しているのがセレナといえるでしょう。優れた視界性能と燃費性能を持ち、家族で使い勝手のいい車として君臨しているのです。

ミニバンの中でもセレナは断トツの性能

日産が作り出した車の中で、ミドルクラスのワンボックスとして支えてきたのがセレナです。
今では、ミニバンの代名詞として名前が浸透していますが、かつてはキャブオーバーの車だったのです。
それが、ホンダの躍進の原動力となった、ステップワゴンに対抗するため、両面スライドドアまで投入し、本格的にミニバンとして生まれ変わったのです。

ミドルクラスは、日本の道路事情を考えれば、ベストクラスだといえます。
無駄に大きいわけではなく、燃費も抑え実用性も高い大きさです。
セレナも日産のミニバンの中核として、重要な意味を持つ車になっているのです。

現在のセレナは4代目になり、単にミドルクラスのミニバンの域を超え始めました。
視界性能が低いといわれてきたこのクラスの中で、左視界がとても広く見やすいことが代表的な違いでしょう。
スライドドアも家族で使うことを前提に、大きな開口部になりました。
無駄に大きいといわれてしまうミニバンであっても、燃費を常に気にすることができるようにエコドライブナビゲーターまで搭載し、アイドリングストップを搭載したうえハイブリッド仕様まで与えられたことで、ミドルクラスの中で断トツの性能を得ることができたのです。

今ではライバルであったステップワゴンを引き離し、断トツの売り上げを誇るようにまで成長しました。
愛好する人も多く、今後も市場をけん引していくことでしょう。

セレナに買い換えたいなら、まずは、今乗っている車を査定に出すのが得策ですよ^^

車検の際は昔だったら2日以上かかっていました

車検の際は昔だったら2日以上かかっていました。

この頃は速ければ30分で終わる車検など、
かなり素早い車検サービスなども多いようです。

1日ごとに買取相場が変動するのが中古車です。

車種によっては僅かな期間で価格が低くなってしまう場合もあります。

車には売るタイミングが存在するのでしょう。

自動車の知識に加え、平日に時間が要るものの、
陸運支局に赴き必要書類の作成から検査ラインにおける審査まで所有者が行うユーザー車検だったら、
車検を非常に安く受けれるからお得です。

中古車は基本的にちょっとでも走行距離が伸びると、
たぶんその車の価値は下がるでしょう。

当たり前ですが、車検してから時間が経つほど自動車の価格は下がっていくでしょう。

今所有している車はどれくらい走っているか意識していますか?
下取りに出すときに走行距離は大事なキーポイントです。

高値をつけるためには大切な秘訣みたいなものであるのではないでしょうか。

車を買い取ってもらう時は何社かのディーラーに査定してもらい、
最も高い買取価格の業者を選ぶようにしましょう。

そういう時こそとっても重宝するのが中古車の一括査定サイトでしょう。

たったひとつの業者が出した見積でそのまま売り払わずに、
何軒かの業者の見積もりを見比べると、
時には数十万円も買取価格の提示額が違う場合もあるようです。

所有者自身が車検することをユーザー車検として知られています。

予約すれば日本のどの運輸支局であってもユーザー車検制度をすることができるので人気なんです。

車検前というのは買い替え時の時期かもしれません。

大抵の場合、約10万円が必要であるかもしれませんが、
新車登録からの年数や走行距離数で車検代は違ってきます。

ふつう、その時々の在庫や需要などによって買取相場は決まっていくから、
売却する時はちゃんと見積してもらわないと、
本当の価格というのは知ることができません。
たくさんの中古車情報の交換手段があって相場がつくられているんですが、
買取業者の間ではできるだけいい中古車を揃えるために競合をしているから買取価格に違いが現れるのです。

愛車の買取価格を確認したいのだったら、
一括の見積もり査定が大変おススメです。

持っている車に関する情報などを入力すると、
幾つかの買取店に価格を計算してもらえるでしょう。

走行距離が多くなると部品交換をしなければならないケースがあるし、
結構高い部品が多数あるので、
走行距離が増えていたら自動車は買い替え時期を考えたほうが賢いと言えるかもしれません。

保安基準にその車が該当していることを提示している書類が車検証に当たり、
車検対象の自動車の車検証には対象車の情報が詳細に表示されているようです。

業界でもトップクラスの業者は、
中古車を自社で買い取って自社で販売しているから、
よって買取価格は比較的高いということは、
その通りであるとみています。

きっと!

きっと、グローバルエコラベリングネットワークは、世界を救う日がきます!

世界の人達が全てエコロジーになることが、私の夢なのです。

地球に愛されているのだから、私たちも地球を愛したいのです。

グローバルエコラベリングネットワークは、地球に住んでいる人のためのものなのです!